カテゴリ:☑横浜~日吉周辺( 52 )

a0251618_3472441.jpg
「天然うなぎ しま村」
店舗:日吉高田
写真:「天然鰻 お重箱 特上」
種別:うな重
WEBこちら
接客 :★★★★★
満足度 :★★★★★
うみゃぁ・・・幸せだがね・・・
店舗住所:神奈川県横浜市港北区高田東3-4-11


 2015年7月、キーマカレーセンセと立ち寄りぬ。
 うなぎ債権の最終行使。
【(Dr.) うな重×1 / (Cr.) うなぎ債権×2】

 ― まゆつば史上、最高級のうなぎなう。へ・・・(お値段のケタが違うω)。

 いつもはラーメン激戦区である日吉にて、ラーメンを開拓することに現をぬかしておりましたが、この付近でうなぎなう。に最適なお店がないものかと探しておりましたですん。
 と、見つけたのがこちらのお店。某タイヤメーカーのミシュランで1つ星だそうですん。まぁミシュランは参考程度にω

 天然うなぎと銘打ってますが、天然ものは徳島県旧吉野川でとれたうなぎなう。のようです。さすがに日吉周辺では天然うなぎはいないかwww

 平日の夜ご飯に、とはいえミシュランの評価があるということで、混雑しているのではないかと懸念されましたので予約を行いました。普通に予約できました。お店に電話したときの対応してくれた人の対応がとても心地よいものでした(´ω`)。これは良さそう・・・!
 お店の場所は横浜市営地下鉄高田駅最寄。日吉から歩くと1時間ぐらいかかるとのことですん。立地的には微妙な位置だと思いますが、逆に良い立地で仮にも日吉駅の近くにお店が構えられていたら混んじゃってしょうがないんでここでいいと思うですん。

 お店のたたずまいは近代的な印象ですん。他の老舗のうなぎ屋さんとは外観のイメージが違う。
a0251618_435498.jpg
a0251618_44873.jpg

入り口には案内板。
a0251618_444310.jpg

お会計のところ
a0251618_451288.jpg


 1Fはテーブル席で食事できるようですん。2Fはお座敷の模様。
着物を着た店員さんに案内され、着座でっすんんんんんんん
a0251618_473574.jpg
すんごく高級感が出てますんんんんんんんんんんんn(*´︶`*)╯
a0251618_48617.jpg
お箸をとってもこのレベル。

 しばらくして着物の店員さんがおしぼりを持って来てくれて、しっかり手渡しで渡されますん。
お品書は写真がついていないということで、しっかりした作りのお品書本とパンフレットらしき写真入りのチラシを持って来てくださいましたですん。
a0251618_4105198.jpg
a0251618_411919.jpg
a0251618_4112222.jpg
a0251618_4113796.jpg
a0251618_563314.jpg
a0251618_58529.jpg


 この日は最高級・最高額のうなぎなう。の公算でうかがっているので、「天然鰻 お重箱 特上」を注文。
なお「極上」は時価となっているようですが、この日の時価は約16千円とのことでした。通常のうな重の中で最上級と思われるものを食べたいので、「特上」にて。
 また、配膳までは受注から焼きを入れるため50分程度かかるとの説明を受けました。楽しみですん٩(๑•̀ω•́๑)۶

 配膳を待つ間になにやら店員さんが持って来ました。茶碗蒸しとのことです。
a0251618_4162434.jpg
 店員さんが説明してくれるところによると、「天然うなぎ」を注文した方には天然うなぎを入れた茶碗蒸しを前菜でお出ししているとのこと。これはすごい・・・。

 この茶碗蒸しがたまらなくおいしかった。普段はあまり茶碗蒸しは好きではありませんが、あまり好きではない人であってもこれはおいしくいただけるレベルだと思います。だしと程よいたまごの風味と塩味・・・あと天然うなぎ・・・これは・・・至福ですん・・・この時点でうみゃぁ・・・

 しばらく間をおいてうな重着丼・・・となる際にはなにやら大きな専用の扉付きの箱(岡持ち?というの?)でお重が運ばれてきました。店員さんによると、ここを開封するのもお客さんに直接やってもらっているとのこと。こだわりますねぇ・・・!
 運んでくる箱の扉を開け、お重を取り出すともうこの段階でふわ~っとうなぎのおいしそうな香りが広がっています・・・!これは・・・!
a0251618_4221415.jpg
a0251618_3472441.jpg
 香りがすごいです・・・!見た目もきれいですん・・・!

 さっそくいただきます。
 うなぎは身がものすごく厚く、脂だけではなく身がつまっており、どろどろした感じもない上品な味ですん。ふっくらうふっくらですん・・・!
タレは少な目にかかっているですが、店員さんが持って来てくれますのであとで足すことができます。が、足さなくて十分です。程よい塩加減と、都内でいただくうなぎタレよりは甘みが強い感じです。でも根本的には関東のうなぎタレ。とても薄口です。
 うなぎの裏側、皮の食感が香ばしく焼き上げられているとともにすごく弾力があり、この食感がたまりません。お箸でうなぎをほぐそうとしても皮の弾力でなかなかほぐれない(´ω`)うみゃ・・・・

 あと特筆はお米が段違いで圧倒的においしいということですん!!もちもちした食感、固すぎず柔らかすぎず、温度もちょうどよく、ほのかに香りもおいしい・・・最高のお米じゃないですか。お米でこんなにおいしくて感動したのは初めてです。圧倒的です。うなぎももちろんすばらしいと思いますが、お米、これが圧倒的においしいです。うみゃぁ・・・

 途中、普段は「味を破壊する」と思ってあまり使わない「山椒」を使ってみました。・・・こちらのうな重は山椒を使うと格段に味のレベルが上がると思います。タレがやや甘めというのは、この山椒のスパイスを考慮に入れた計算された甘さなのだと確信しました。味をひきたてる山椒、お見事ですん・・・

 もう最高だぎゃ・・・


 なお、ほかのお高めなうなぎ屋さんでは肝吸いが別メニューになっているところがそこそこありますが、こちらは標準で配膳されます。こちらもうみゃ・・・

 うな重はごちそうさまでした・・・うみゃぁ・・・最高だぎゃ・・・・


 これで終わりかと思ったらデザートが供されるようです。食べ終わる頃に店員さんが声をかけてきます。
a0251618_437390.jpg

 これはいったいなんだと思っていたら、説明されました。
マンゴーくずもちだそうな(´ω`)
マンゴーもくずもちも大好きですんんんんー°+♡:.(っ>ω<c).:♡+°
爽やかなマンゴーあんことくずもちでもちもちおいしくいただきました。
デザートも日によって違うようです。

 デザートが供された時に、「本日はお越しいただきありがとうございました」と丁寧に店員さんにご挨拶いただきました。接客レベルも最高レベルだと思います。接客レベルが「?」なうなぎ屋さんもけっこうありますが、あんまりなレベルだと味が良くても残念な気持ちになりますが、こちらのお店は接客もとっても気持ちのいいレベルでしたです・・・至福だぎゃ・・・・・・・

 総じて、接客と満足度それぞれ★×5という状況になりました。
レベルの高い、おいしい至福のうなぎ屋さんです。

 ごちそうさまでした。また来たいですん。今度は人によってはこっちのがおいしいという「養殖鰻」をいただきたいですん!価格面でも!

それと地味に「うなぎなう。」の記事が増えてきたしこれからもうなぎなう。が増えると思うのでブログ名にうなぎ。を付けましたw


☆2016年1月再訪問☆
a0251618_1334521.jpg
a0251618_134797.jpg
写真:「四万十川の風物詩 お重箱」
種別:うな重
接客 :★★★★★
満足度 :★★★★★
うみゃぁ・・・幸せだがね・・・

 お仕事帰りにキーマカレーセンセと立ち寄りぬ。
 従前よりキーマカレーセンセとは同店の再訪問を画策していたものでありますが、まさかこのタイミングで予約を入れてくるとは思いませんでしたですんんんんんんんんんんんんんんんんんn

 しかも再訪問の今回は、前回の一般席ではなく「2階席」、すなわちVIPルームwww
全メニュー+10%のサービス料が加算されることとなりましたwww
(本計画も話にはありましたがまさか実行するとはwww)
2階席はこんな感じ。
a0251618_137325.jpg
a0251618_1374827.jpg


 今回の発注は「四万十川の風物詩」のお重箱。
a0251618_138412.jpg
a0251618_1381920.jpg


 わっち的には訪問前の計画では、前回が天然うなぎなう。だったので今季あは普通の養殖うなぎでうなぎなう。をするつもりでしたが、キーマカレーセンセが「四万十川の風物詩」で決めるそうなので便乗するですんω
さすがの選択、といったところか。

 四万十川の伏流水で育てたうなぎなう。だそう。期待が高まるですん。
そして前菜の茶碗蒸し。これが前回に引き続き最強にうみゃあ・・・!
a0251618_1311191.jpg



 そしてうなぎなう。
a0251618_134797.jpg

天然ものに比して、皮の歯ごたえがぶにぶにもちもちたまらないおいしさを味あわせてくれますんんんんんんんんんんんんんんn
 タレ、ご飯、それぞれ初回訪問時コメント参照。いずれも最高にうみゃぁ・・・!


 そして今回は一品料理など追加投入いたしました。
a0251618_131584.jpg
a0251618_13153386.jpg
写真は手前が「ひれ焼」、奥が「つくね焼」。

 「ひれ焼ってなんぞや?」という話から、ひれ焼はうなぎの皮を焼いたものではないか?という興味がわいて発注。
実際に配膳されて説明を受けると、やはりうなぎの皮を焼いたものらしい。芯にはニラを使っているそうな。珍味でありますω

 「つくね焼」はうなぎの身を焼いたもの。お店の説明文では
「通常捨ててしまう胸肉を削ぎ取ってつくねにしております。一串で80匹ほどのうなぎを使用しております」と。
80匹wwwヤバスwww
 こちらも珍味ですんω

 そしてこの日のデザート。「オレンジのアイス」だそうですん。
a0251618_13201464.jpg
内容そのままなのでコメント省略ですん。

 いやー、うみゃぁですん・・・!
再訪問時には今度こそ普通の養殖ものをねらってまいります。



『独立食事人のお食事報告書』
[PR]
a0251618_22275354.jpg
「横浜 大勝軒」
店舗:横浜
写真:「ラーメン中盛」
種別:魚介しょうゆ
WEBこちら

    :中太麺
接客  :★★☆☆☆・・・なんか雑。
満足度 :★★★★★
チャーシュー:あげる

 T先生に横浜に誘われての訪問。具体的に横浜で何を食べるか決めていかなかった典型的なノープランω

 東池袋系列。
 ラーメン自体は、煮干しの効いたしょうゆ味。量的には中盛でもかなりの量があります。麺とスープのからみが絶妙で、量が多くてもすぐに食べ切れてしまいます。中華そば好きなら大好きな味でしょう。

 全体として非常に満足しました。横浜というのが遠いですが、また行きたいお店です。
a0251618_2228676.jpg
a0251618_22282251.jpg


☆2012年4月再訪問
公認らしい・・・。
a0251618_21351993.jpg


☆2014年4月再訪問☆
a0251618_2341372.jpg

写真:「もりそば」
種別:魚介しょうゆ

    :中細麺
接客  :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける

 往査のお昼に先生方と行ったった。
珍しくオーソドックスな、しかも冷や盛のつけ麺を普通盛で注文。

 暑い日には冷たいつけ麺がいいってことを思い知りました、これはいけますね。ラーメンばっかりじゃない、と。
 東池袋系はつけ麺屋だということを。ぶええ❀.(*´◡`*)❀.




☆2015年10月再訪問☆
a0251618_0564743.jpg
a0251618_057363.jpg
a0251618_0571863.jpg

写真:「もりそば 並盛」
種別:魚介しょうゆ

    :中太麺
接客  :★☆☆☆☆
満足度 :★★★☆☆
チャーシュー:あげる

 往査のお昼に、先生方とずいぶん久しぶりに同店へ立ち寄りぬ。
 同店本家の創業者がに不幸があったとのことで哀悼の意味も込めて。
その後なぜか創業者の弟子たちがもめているらしく、内部でいろいろあるようなので味に影響があるのかどうかを食べてみるために行ってみようというのもありましたですん。

 10分強で着丼。あいかわらずの片言日本語の良くない接客。

 つけ汁は酸味と魚介、しょうゆのそれぞれがよくバランスされているものだと思います。
具材のチャーシューやたまごも見た目をひきたてます。

 とはいえ従前の味を覚えていませんが、今回の立ち寄りぬ。時点の評価としては「普通」だと思います。
際立ってうみゃあということはない、という先入観のない感想。
a0251618_103978.jpg
a0251618_105499.jpg
a0251618_111195.jpg
a0251618_112925.jpg
a0251618_114759.jpg

[PR]
a0251618_05225.jpg
「横浜家系ラーメン 壱角家」
店舗:日吉
写真:「すためし 大」
種別:スタミナ丼
WEBこちら
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★☆☆
店舗住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-1-3


 2015年10月、往査の帰りに立ち寄りぬ。
 家系ラーメンはこってこてのとんこつラーメンなので、ちょっと辟易中|´・ω・`)

 というわけでこのお店の前は素通りしたのですが、ふと目をやると「すためし」発売中のポスターが・・・!
スタ丼のインスパイアかと思って強烈に惹かれたので、ラーメン屋さんではありますが初回訪問でこの「すためし」を注文してみることに!

■注文は食券制。
10分程度で着丼。なお卓上トッピングは通常の家系とほぼ同じ模様。

 見た目はスタ丼インスパイア。
お味は、まずお肉はやや柔らかさが足りない感じ+しょうゆタレの深みが足りない感じはするものの概ね普通のいわゆる「スタミナ丼」という具合。さすが本流のスタ丼にはかなわないですな。
 ラーメン屋はやはりラーメンを注文するべきでありましょう。
けっこう混雑しているお店のようなのでぜひ次回はラーメン類を試してみますんััืิ@็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็
a0251618_025553.jpg




『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_2323580.jpg
a0251618_233597.jpg
「健康中華庵 青蓮」
店舗:横浜駅西口
写真:「麻婆あんかけご飯」
種別:麻婆丼
WEBこちら
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★☆☆
店舗住所:横浜市西区北幸1-11-15


 2015年9月、往査のお昼に立ち寄りぬ。
 数年前にこちらのお店には会計士先生方と来たことがありましたが、当時はまだまだ未熟にして、このお店を記事にしていなかったのですが実は穴場なのではないかと思い立ち寄りました。
 目当ては麻婆豆腐。

 ■注文はオーダー制。
禁煙席は靴を脱いで上がるタイプのお店でしたですん。

 10分程度で着丼。
「麻婆あんかけご飯」でありますが、ほかにもおつまみ的なものやスープがセットになっていました。

 麻婆は山椒と花椒のしびれる辛さが後からやってきますが、一口目ではあまり辛さは感じないです。
むしろオイスターソースの良い香りと風味が一品料理としてひき立ちます。

 普通においしいですん。ただ、価格帯が高めですん。
次回はラーメンの類を食べてみたいですん。
a0251618_23102260.jpg
a0251618_23103837.jpg
a0251618_2310475.jpg
a0251618_23105784.jpg

[PR]
a0251618_0195329.jpg
「麺場 浜虎(横浜鶴屋町)」
店舗:横浜 鶴屋町
写真:「醤そば」
種別:魚介しょうゆ
WEBこちら

   :太ちぢれ麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★☆☆☆
チャーシュー:いける(鶏チャーシュー)
店舗住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1


 2015年7月、往査のお昼に立ち寄りぬ。
 鶴屋町の周辺は割と開拓できてきたように思われますが、ここ浜虎さんはまだでしたですん。
日吉にある「麺場ハマトラ」には行ったことがありますが、あそこは麺が黒い独特なものだった気がする。
 こちらの横浜は日吉とは色合いが違う模様。違うのであれば行ってみるより他あるまいて。

 平日の雨の中、14時過ぎでもよく人が入っています。
■注文は食券制。

 キホンとなるメニューらしき「醤そば」を注文。大盛は無料でできるとのことですが、おなかの調子を考えて普通盛にするという珍しさ。珍しいことをするから雨が降っているのか、雨が降っているから珍しいことをするのか。

 5分程度で着丼。
見た感じは日吉と同じみたい?

 麺は普通の麺の色をしていますwww
太ちぢれ麺ですん。割と固め?
 チャーシューは豚ではなく鶏のもよう。あっさりしていて食べやすかったですん。

 スープは公式サイトによると魚介と鶏がらの合わせのようです。魚介というとにぼしのようなイメージですが、実際に味は鰹節のような風味です。
 醤油ベースで、ちょいとしょっぱすぎるω
あと味に深みがないというか、淡泊というか、それだけに妙なしょっぱさが目立つ味ですん?

 総じて微妙かもしれないですん。他のメニューがいけるのであれば機会があれば食べてみます。
a0251618_034541.jpg
a0251618_0341768.jpg
a0251618_0343076.jpg
a0251618_0344711.jpg
a0251618_035062.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_2241473.jpg
「おそば処 生野屋」
店舗:横浜
写真:「おそば屋さんのタンタンめん」
種別:和風担々麺
WEB

   :細麺(というか日本蕎麦)
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:なし
店舗住所:神奈川県横浜市西区楠町9-8


2014年9月、お昼ご飯に立ち寄りぬ。
 この周辺では食事できるところが限られていて、たまたま前日にこのお店の前を通りがかって、メニューが斬新な感じがしたので立ち寄りぬ。

 基本的にお蕎麦屋さんwwww
メニューは斬新ですんwwww

 表題のメニューは、簡単に表現すると『カレー蕎麦の薄いやつ」。でもしっかり和風だしが効いており、麺も細麺の日本蕎麦で、スープのとろみとふわふわたまごがとてもおいしいです。
 辛さはほとんどありません。斬新ですしすごくおいしいので再訪問したいところ。

 ネックはコスト。¥970は高すぎる気がするので★×4となりました|・ω・)

☆2015年1月再訪問☆
a0251618_1231025.jpg
写真:「おそば屋さんのサンマーめん」
種別:和風サンマーめん

   :細麺(というか日本蕎麦)
満足度 :★★★☆☆
チャーシュー:なし

 お昼ご飯に立ち寄りぬ。
 たぬきそばの和風だしに、中華あんがからめられた野菜炒めが盛り付けられているサンマーめん風のおそば。
 サンマーめんっぽさはあまり感じられないけれども元々の日本蕎麦自体がおいしいのではないかと思います。中華あんは風味程度、そこまで強調していないですん。
 ¥970という価格設定に鑑みて満足度は★3にしておきますん。

☆2015年6月再訪問☆
a0251618_117448.jpg
写真:「玉子とじ そば」
種別:日本蕎麦

   :日本蕎麦
満足度 :★★★☆☆

 往査のお昼に立ち寄りぬ。
 +α投稿ですん。コメントは割愛しますん。


a0251618_127192.jpg
a0251618_22471432.jpg
a0251618_22472741.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_0245419.jpg
「博多一風堂」
店舗:横浜西口
写真:「赤丸新味 8辛」
種別:とんこつ
WEBこちら

   :極細麺
接客 :★★★★☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:なし
店舗住所:神奈川県横浜市西区南幸2-17-8 横浜トラストビル


2014年7月、監査チームの先生方と行ったった。
 明大前に一風堂があって、そこで食べた記憶がありましたがイメージは高いだけのとんこつラーメンだったのですが・・・・ここのはいい意味で期待を裏切ってくれましたですん><
 14時前というのに満席で少々待ちました。すごい活況ですね。
 ただのとんこつには興味ありません。辛い物を選びました。しかも8辛wwww中の上の辛さだそうなwwww

 10分弱で着丼。辛みは担々麺風味の甘みのある辛さなので8辛とはいいつつあまり辛さがこたえるような感じではないです。ちょうどいい、ということでしょう。

 麺はやはり極細麺。これは博多とんこつではお約束。
というか卓上トッピングの辛子高菜がもう最高ですね!!!いくらでもばりばりいけます!!!おいしいですん!!

 さすがの有名店といったところ。しかも激戦区横浜に出店して長いですからね。おいしかったですん。
2015/06同じもの追加
a0251618_0244360.jpg

 注文したメニューが以前と同じだったので同じものとしうことでw

a0251618_0342149.jpg
a0251618_0344928.jpg
a0251618_03552.jpg
a0251618_0351554.jpg

2015/06時点の追加
a0251618_0235834.jpg




『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_064326.jpg
「らーめん 柴田商店」
店舗:日吉
写真:「とんこつ醤油ラーメン」
種別:とんこつ
WEB

   :細麺
接客 :★★☆☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける
店舗住所:神奈川県横浜市港北区日吉2-2-11


 2015年4月、お仕事帰りに立ち寄りぬ。
 また日吉にとんこつラーメン屋さんできけり。いと多きこと限りなし。

 家系かなぁ・・・とか思いつつ、物は試し、記事にするために行ってみましたw
■注文は食券制。
a0251618_0193939.jpg

 となりのお客さんのおっさんが替玉頼んでたので替玉制でしょう。
基本となるメニューらしきものを注文。

 卓上トッピングは生ニンニクと豆板醤、紅ショウガと一般的なコショウとかの類。

 10分ほどで着丼。
なんか家系をイメージしてましたが若干違う感じ。キクラゲとノリ、刻みネギ、チャーシューの配置。
 麺が意外にも細麺ですん。固さもちょうどよくてわっち好み。

 スープもドロドロしている感じではなくあっさり系のとんこつ。煮干しっぽさもある感じ。
チャーシューはこってり。でもそこそこ気持ち悪くならずに食べられる感じですん。

 卓上トッピングの豆板醤がからくておいしいw
たっぷり投入しておいしくいただきました。とんこつラーメンにしてはあっさり食べられる感じの品質の高いメニューでした。

 しかし店員が2名の無駄口が非常に腹立たしいのでかなーりマイナスですんw
おしいですねぇ。
a0251618_0291331.jpg
a0251618_0294817.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_13530100.jpg
「台湾まぜそばとラーメン 金太」
店舗:日吉
従前店:「ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ
写真:「台湾まぜそば 大」
種別:まぜそば(しょうゆベース)
WEB

   :太麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:なし
店舗住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-6


 2015年1月、お仕事帰りにキーマカレー氏と密会の上、立ち寄りぬ。
 つい最近(立ち寄りぬ。時点)までは「ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ」とかいうふざけたお店であって、さらにその前は「日吉で一番ウマいのはあびすけさんだと思うので、当店営業時間外はぜひともあびすけさんをご利用ください。」とかいうまさにふざけたノリの「あびすけ」ステマ系悪ふざけ店舗の系譜だと思われますんwww
 従来店については★2の連続であったため、またもやふざけたお店になったもんだと訪問予定はなかったところでした。
・・・が、なんか最近よくきく「台湾まぜそば」なるものが供されるとのことでこれを目当てに立ち寄りぬ。しようとせりですん。

「台湾まぜそば」ってのがいつからきかれはじめたのか知りませんが、どうも辛口のそぼろ肉とか生卵とかを太麺の上にどさっと乗せて供し、それを文字通りまぜまぜして食する類のめんるいのようですん。具材豊富な油そばのイッシュ地方と考えるべきでしょうか?

■注文は食券制。もちろん基本メニューの「台湾まぜそば」¥850+大盛¥100=¥950を選択。
 値段高めっすね。あとラーメンも供しているようですがこれは従前店の継承の模様なのでオートマチックパスでω
 カウンターのみの店内は従来から変わっていないようです。着席後に店員さんに食券を渡し、その際にニンニクの有無を申し入れる。
 卓上トッピングは標準調味料系と花椒。
a0251618_1524371.jpg
シビ辛系大好きでっすんんんんんんんんんんんんんんn(´ω`)

 10分弱で着丼。見た目は事前調査通りの台湾まぜそばって感じです。こういうものを台湾まぜそばというようですね。お店がお店なので変に洗脳されている感じは否めませんが・・・ω
 生卵、ピリ辛そぼろ肉、ニラ、ネギ、ニンニク、ノリ、昆布、魚粉。混ぜました。なんか最近立ち寄りぬ。した「日の出らーめん」よりもタレが多いです。味がかなり濃いwwwしょっぱいwwwジャンキーwww
 混ぜてるとタレと具材が混ざってドロドロの状態になり、これを麺に絡めて召し上がるます。
しょっぱいけどうみゃぁですん。あまりにジャンクな味なので刺激物であることは間違いないですが、強烈にしょっぱい重厚な油そばと考えればいいのではないでしょうか。いうなれば通常のしょうゆラーメンに対するラーメン二郎。
 花椒かけてみましたがシビシビうみゃみが高まります。元々ジャンキーで刺激物なので自己責任で追加原材料投入されるとよろしいのではないでしょうかですん|´・ω・`)

 食べ終わりそうになってもまぜまぜしたドロドロは残ります。そこで無料で「追い飯」とかいう白飯がオーダーできるようです。ご飯には合いましたね。ご飯の供される量が第一印象「けちだなwww」という感じの小盛ですがwww

 総じてこの系譜のお店にしては美味しかったですん。テーブルの上には次回使えるクーポン券付チラシがあったので次回あれば(訪問、というかお店自体がwww)使おうかなwww
a0251618_224847.jpg
a0251618_23279.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_029434.jpg
「本丸亭」
店舗:横浜鶴屋町
写真:「本丸塩らー麺」
種別:しお
WEB

   :ちぢれ太麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける
店舗住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21 タクエー横浜西口第三ビル

 2015年1月、お昼ご飯に立ち寄りぬ。
 横浜にょろ~ん町にはなぜか古き良き?街並みとともにラーメン屋さんとかがそこそこありぬ。
未だ立ち寄りぬ。していない町田商店と、「鶴一家」の近くにありぬ。

 この一帯はこってこての家系とんこつラーメンがひしめいているイメージでしたが塩ラーメン屋さんがあろうとは。しかもそこそこ有名らしいですん。
 お昼の時間帯だったので混んでました。並びはしませんでしたがカウンターのみの店内は満席。

■注文は食券制。¥850の基本メニューと思しき「本丸塩らー麺」を注文。基本のオーダーは改革の本丸。抵抗勢力は(ry

 店員さんに渡してお水を置かれて着席。卓上トッピングは胡椒とかの基本トッピングと、塩ラーメン屋さん独特のゆず胡椒。

 10分ほどで着丼。見た目綺麗な塩ラーメン。春菊が鮮やかですん。
色合いからも予想できましたが、塩ラーメンとしては味付けが濃いめのイメージ。「塩」らしさが感じられました。これこそ塩ラーメンだと実感できたのは久しぶりです。他店では塩ラーメンをうたっていても別物だったりしますからねぇ。

 麺はちぢれ太麺。歯ごたえが強いですん。かといってスープから浮くことはなく、濃いめの塩スープといい感じの相性です。

 春菊は適度な苦みが風味をひき立てます。麺とスープと春菊をいっしょくたに食べるといいのではないかと個人的にはうなずくところ。

 チャーシューはとても分厚いですが、いやな脂っこさがなく塩スープと一体化したものでした。
あとワンタンが標準で1つ入っていますですんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんn

 総じておいしかったですん。こってり派の多いこのあたりでも十分に通用しているだけはある確実な塩ラーメン。辛いメニューもあるようなので次回このあたりに行くことがあればぜひ食べてみたいですん。こちそうさまでした。
a0251618_053346.jpg
a0251618_053189.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]