カテゴリ:☑熊本エリア( 6 )

a0251618_0125237.jpg
「IZAKAYAぐー2」
店舗:熊本・ワシントン通り店
写真:「馬刺し4種盛り」
種別:馬刺し
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★★
うみゃあああああああああ
店舗住所:熊本県熊本市中央区下通2-3-3 成尾ビル 1F


 2015年9月、第二次熊本PJの夜会合にて立ち寄りぬ。
 先方のオヌヌメとのことで、非常にレベルの高い郷土料理系居酒屋と思われます。
お店の風貌からも、隠れ家的な印象。店名は「ぐー2」と書かれていましたが、読み方は「ぐーぐー」だそうですん(´ω`)

 写真は馬刺しの盛り合わせ。
霜降りとたてがみと・・・あとはなんだっけ(・へ・)

 馬刺し盛り合わせの中の、柔らかいお肉(どれがどれだかわかってないwww)がとてもうみゃあ・・・!でした。
 このときは刺身しょうゆにしょうがを少し入れてさっぱりといただきましたが、さすがの熊本名産。



 あと写真にしていませんが、このお店の「ぐー豆腐」なるピリ辛あんかけ豆腐がとてもおいしかったですん!


 焼酎をかなりの種類取りそろえており、郷土料理も潤沢にそろえているお店でした。
芋焼酎「さつま麹」が店員さん的には「芋くささが一番強い焼酎」とのことでロックでいただいてみましたが、確かに芋くさいけどそれ以上にブログ主にはアルコールが強かったw

a0251618_0301148.jpg

[PR]
a0251618_1745461.jpg
「桂花ラーメン」
店舗:熊本駅
写真:「桂花ラーメン」
種別:とんこつ
WEBこちら

   :中細麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★★
うみゃああああああああああ
チャーシュー:いける
店舗住所:熊本県熊本市西区春日三丁目15-1


 2014年8月、熊本PJ3日目のお昼に行ったった。
 熊本駅の新幹線口まで地下通路を通って行くです。

 熊本駅周辺のラーメン屋さんで、個人的に気になっていたのは「黒亭」というお店だったんですが、地元民や観光で訪れたお客さん的にはあまり好みではないらしいので、地元人がおいしいと絶賛するこちらのお店を選択しました(後日談:結局行ってきましたwwww)。

 店内はお昼過ぎでも盛況で、若干の待ちが発生しているような状況。繁盛しているようです。
■注文はオーダー制。

 着席したテーブルの卓上メニューで一番ノーマルなメニュー「桂花ラーメン」を注文。
5分強で着丼。香りのよいマー油がスープ全体にかかっているです。

 スープを一口飲んでみて、これは普通のとんこつラーメンではないなと直感しました。とんこつのあまみやまろやかさのなかに、かなり強い印象のマー油の香ばしい苦みが追いかけてくる感じです。マー油って黒ゴマ油のイメージですが味的にきっとこちらのマー油にはニンニクも多少含まれているような感じの苦み、香味でした。非常にまろやかみと苦みが調和を取っている感じです。すごくおいしいω

 チャーシューは薄いけど適度な脂身のおいしいお肉。

 麺は細麺というか中細麺?とんこつというと博多とんこつをイメージするですが、博多とんこつは基本的に麺が極細麺だとおもいます。これが熊本豚骨ラーメンと博多とんこつの違いかと実感。
 適度にコシがあって麺とスープはその風味も合わせてとても調和していると思います。

 苦みとまろやかさ、この2つの印象が熊本本場の熊本とんこつらーめんの感想です。
うみゃあ、こりゃあうみゃあがね!




<2015年9月再訪問>
a0251618_2346488.jpg

写真:「高菜拉麺」
種別:とんこつ

   :中細麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける

 第二次熊本PJにおける、お昼ご飯に立ち寄りぬ。
本来は「黒亭」の「玉子入りラーメン」なるカロリーの高そうなものを食べたかったところでありましたが、同店はもう数十人レベルで行列を成していたため断念。確かにうみゃあがすごかもん。

 さて、過年度の阿蘇山観光において、高菜がうみゃあことを学習したのでここはひとつ、過年度の標準的メニューではない、ひとつアクセントの追加されたものを食べたいと思い「高菜拉麺」を選択いたしました。

 なお、お店入口外にて数組の並びがありましたので並んで入店。
連休の影響もあってか、非常に混雑しているですん。

 着席後の発注のあと、5分程度で着丼。

 スープは辛子高菜のピリ辛が焦がしニンニク油の苦味とマッチしたものに仕上がっていました。
ただ若干しょっぱさが際立っていたと思いますん。高菜の塩分がスープに溶けだしたのだと推測ω

 麺及びチャーシュー等は初回訪問記事をご参照ください。
次回何食べようかしら・・・|´・ω・`)
a0251618_1811149.jpg
a0251618_1812359.jpg
a0251618_18125080.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_04659.jpg
「まるうまラーメン」
店舗:熊本駅
写真:「火の国らーめん」
種別:とんこつ
WEBこちら(駅ポップアップ)

   :中麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける
店舗住所:熊本県熊本市西区春日3丁目15-1


 2014年8月、熊本PJの後半の自由散策で立ち寄りぬ。
 この日は自由に熊本市内を散歩しようということで、このお店に来る前に行列のできる「黒亭」に立ち寄りぬ。してから2食目のはしごで来ましたω
 基本、いくらでも食べられる。滞在先を出発する前に黒亭とこちらの地図を頭に叩き込んできたのです。普通の熊本とんこつは黒亭とか桂花ラーメンにはきっとかなわないだろうと予想していたので、ネットでけっこう評判上々の「火の国ラーメン」を選択。

■注文は食券制。

 食券渡して5分程度で着丼。見た感じ良さげですんんんんんんんん><
 スープは普通のとんこつラーメンにたぶん豆板醤をたくさん入れてあるような感じのお味です。豆板醤にも特有の味があるので嫌な人は嫌な味かもしれませんが、わっちはおいしくいただきましたω
辛さもそこまでではなく、まろやかなちょうどよい辛さだと思います。激辛を想像されている人にとっては物足りないですが、辛いのが苦手な人にはやや辛感覚でいけるのでは。
 麺は中麺。熊本のラーメンはとってもいい感じの太さでどこでもスープとよく合いますね~

 卓上トッピングの辛子高菜もいい感じです。熊本の人にとってはチェーン的な感じのイメージなのかもわかりませんが、少なくともわっちにはとてもおいしく感じられましたですんんんんんんんんんんんn(*´︶`*)╯
a0251618_018029.jpg
a0251618_0183435.jpg
a0251618_019767.jpg




『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_2345651.jpg
「黒亭」
店舗:熊本
写真:「ラーメン」
種別:とんこつ
WEBこちら

   :中麺
接客 :★★★★☆
満足度 :★★★★★
うみゃあああああああああああああああああああああああああああ!!
チャーシュー:いける
店舗住所:熊本県熊本市西区二本木2-1-23


 2014年8月、熊本PJの最後の自由行動の日に立ち寄りぬ。
 黒亭は地元民には受けが悪いらしいですが。。。。。

 訪問時は平日の14時過ぎ。先客外待ち9、店内満席。すんごい盛況ぶりですん。
20分程度待って店内へ。カウンター席に通されました。

■注文はオーダー制。

 もっともふつうのメニューである「ラーメン」を注文。10分程度で着丼。
卓上トッピングは目視確認できた限り唐辛子と胡椒?

 まずはスープをひとくち。これは・・・・!!!!
うみゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!
スープが苦い。いい意味で苦い。とんこつラーメンのいやなこってり感のようなものがこの苦みで完全に調和されているです。苦みの正体は熊本とんこつラーメンの真骨頂であるマー油、すなわち焦がしニンニク油であると思われます。最後までこの苦みが、ラーメン全体の最高の風味と味わいを奏で続けました。

麺は中麺。ここもやはり博多とんこつとはわけが違う。しっかりした歯ごたえとスープとの辛みが堪能できました。
 チャーシューも珍しくおいしくいただけました。とんこつスープのこってり具合が苦みで調和されていた関係からでしょう。

 ここのとんこつラーメンはこってりが苦手な人でも存分に堪能できるのではないでしょうか、すっごくおいしかった!!
a0251618_023188.jpg
a0251618_02592.jpg
a0251618_023344.jpg
a0251618_015233.jpg
a0251618_005645.jpg
a0251618_003140.jpg
a0251618_002065.jpg
a0251618_2359531.jpg
a0251618_2359912.jpg
a0251618_2357578.jpg


 なおこの後ハシゴで「まるうまラーメン」に立ち寄りぬwww


『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_174383.jpg
「菓舗 さとう」
店舗:阿蘇神社横参道
写真:「阿蘇わらび餅」
種別:わらび餅
WEBこちら
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★☆
店舗住所:熊本県 阿蘇市一の宮町宮地154-3


 2014年8月、熊本PJの後半に立ち寄りぬ。

 阿蘇山の阿蘇神社の参道は表参道ではなく横参道ということで、そこらじゅうに湧水がわいている中、甘味どころがありました。明治38年からやっているお店のようです。
お店本体の名前は「菓舗さとう」ですが、付属しているイートインは「阿蘇 横参道Cafe」というようでなんとなく当ブログの名前と似て(ry

 ご一緒した諸姉といっしょに阿蘇わらび餅と阿蘇寒ざらしと白玉ぜんざいとアサイーのなんかを注文。わらび餅は適度なもちもち感が楽しめました。水がいいんでしょうか><
a0251618_17424291.jpg
a0251618_189936.jpg
a0251618_1810780.jpg
a0251618_1811963.jpg
a0251618_1811086.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
[PR]
a0251618_13222452.jpg
a0251618_16253618.jpg
「七代目 若松屋」
店舗:熊本川尻
写真:「うな重」
種別:うな重
WEB
接客 :★★★★☆
満足度 :★★★★☆
店舗住所:熊本県熊本市南区川尻4丁目9-12


 2014年8月、熊本PJにおけるお昼ご飯に遠出して行ったった。
 熊本のうなぎ屋さんといえばこちらということらしいですん。店内に置いてあったチラシには旧藩主細川公やら池田勇人元首相やらが好んで召し上がったとか。安政創業のお店、お店の敷地内には薩摩軍の何らかの移設の跡のような立札がありました。

 お店の中は改装されていてとても開放的なレトロモダンなデザイン。
予約していないと十分な提供はできないぐらい人気というか歴史があるようです。

 うな重の提供のされ方ですが、写真のようにごはんとうなぎが別々のお重で提供されます。
量的には結構多いです。関東圏のケチなうな重とはわけが違うようです()

 うなぎのほうは、炭火焼の香ばしさが際立っています。
ひとくち食べてみて、ここのうなぎは本当に歯ごたえがあると感じました。ぷりぷり、というかぶにぶに、というか、弾力がすごかです。こんなうなぎ初めて食べたとー。

 たれは甘い。非常に甘い。関東圏の人からすると本当に甘く感じます。
 卓上には特に山椒がなかったのでそのままいただきました。

 うな重のほかには、たぶんうなぎの背骨?のフライと、肝吸い、あんず抹茶水羊羹が供されておりました。
熊本のうなぎはこんな感じなんだなぁと舌つづみを打ちましたですんω
a0251618_1612468.jpg
a0251618_1602367.jpg
a0251618_1602282.jpg
a0251618_15582698.jpg
a0251618_1558116.jpg
a0251618_15575879.jpg
a0251618_15572462.jpg
a0251618_15561461.jpg
a0251618_15553178.jpg



『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]