【★4】讃岐うどん 徳すけ(日吉) うどん

a0251618_0172367.jpg
「讃岐うどん 徳すけ」
店舗:日吉
写真:「肉うどん 大」
種別:うどん

   :太いうどん
接客 :★★☆☆☆
満足度 :★★★★☆

 2013年3月、お仕事帰りにキーマカレーと行ったった///

 なんでもキーマカレーは最近こってりしたものが苦手になってきたようで、こってりこてこて系の奴にしてはめずらしいなと思えども、彼の地元たる日吉で残された数少ないおすすめスポットをご紹介にあずかることになった結果、まさかのうどん屋さんに行くことになったのであります。ぶええええええええええ

 ―「味は保証します」。
 彼は開口一番、こう言って沈黙を破った。その日は春風が暖かく桜舞い散る夜とは程遠い季節外れの寒さの夜だった。周囲の雑踏は毎日円環の理を覆すことはなく、絶えず往来の人々により奏でられていた。

 クライアントでの職務を全力でこなして帰路につき、途中乗換駅で下車し、夕食をとって帰宅する。それが私の日常だった。

 ラーメンを食べて帰るというのが至高の嗜みであってそれ以外は特に紳士が自ら成すことではないとさえ感じられていた。
 が、キーマカレーはあろうことか、私にうどんを勧めてきたのだった。
私は彼の濁り尽くした純真さのかけらもない目を見ることなく、こう問いかけた。
「量的には満足できるのか。」
「はい。」
・・・私がこのとき、彼に求めていた回答はこれで十分だった。

 店舗はセルフサービスのうどん店だった。特にこれといって特徴があるとは思えない、安上がりのうどん屋との印象が第一印象として脳裏に焼き付いている。
(だめだ、第一印象で判断してはだめだ。味は見た目とは比例しない・・・)
私はこう自分に語りかけながら、おぼんを両手で持ち、メニューを選択する。

 ―私の第一印象は正しかった。 
と、いうのも、店員の対応ががさつだったということだ。この手のセルフサービス点ではよくあることだ。問題ない。
 さすがに出来上がりは早い。注文後数十秒で出来上がり、即時に会計を済ませる。
私はしこたまあげだまを盛り付け、席に着く。

 うどんのコシは強かった。
スープ・・・いや、この場合はどう表現すべきだろうか、そこはともかく出汁も効いていて悪くない。
量的にもコシの強いうどんが十分に盛られているため十分な量だ。

 ―「味は保証します」。
この言葉が脳裏に想起された。そうか、確かにおいしかった。


 その後私たちは、3DSのどうぶつの森を談義しつつ食事の余韻を優雅に楽しみながら、今夜のレースを語り合ったのだった。

 ・・・もうすでに外は漆黒の宵闇に包まれていた。
 それにしてもあのスラッシュ萌えましたねー(ω)
a0251618_0513881.jpg
a0251618_0514850.jpg


『独立食事人のお食事報告書』
[PR]
by lopseitouha | 2013-03-31 00:51 | ■横浜~日吉周辺 | Comments(0)