<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0251618_113313.jpg
a0251618_1135163.jpg
「タイランドショップ」
店舗:錦糸町
写真:「㊤センミーナムサイガイ」
写真:「㊦ゲーンキョウワン」
種別
センミーナムサイガイ:タイラーメン
ゲーンキョウワン:グリーンカレー
WEB

   :(センミーナムサイガイ)極細麺
接客 :★★★☆☆
満足度
センミーナムサイガイ:★★★★☆
ゲーンキョウワン:★★★★★
ゲーンキョウワン うみゃあああああああああああああああああああああああああああ!!
チャーシュー:なし
店舗住所:東京都墨田区錦糸3-7-5




~孤独のまゆつばグルメ「錦糸町・タイランドのセンミーナムサイガイとゲーンキョウワン」~


 2015年11月、お仕事帰りに立ち寄りぬ。錦糸町に来ることなど今まで一度もなかったけれど、まさかこの町にタイランドがあるなんて思わなかった。

 お店の名前はそのまんま「タイランドショップ」。
タイの食品類を卸しているようだ。お店の風貌は入りにくい雰囲気を醸し出している。

 先客3、後客1。
店員さん含めてかなりの確率でタイ人の方のようですん。タイ語っぽい言語が飛び交っているですん。

■注文はオーダー制。
メニューが豊富ですん。丁寧な説明書きもあるのでどんな食べ物かはわかりますが、「センミーナムサイガイ」「ゲーンキョウワン」と言われてわかる人がどれほどいるのだろうかwww

 「センミーナムサイガイ」とは鶏肉の乗っかったタイラーメンですん。
まずはお目当てであったこれを発注。10分弱で着丼。
なお着丼までの間に店員さんが卓上調味料を持って来てくれます。
a0251618_1255688.jpg

この中で正体のわかった炒った唐辛子っぽいのを入れてみましたがかなり辛いですw
でもうまい。辛うまい。こうきたか。

 「センミーナムサイガイ」、スープはかなり淡泊な感じですが、かといって薄いわけでもない。ほのかに鶏がらの香味が活きており、日本の塩ラーメンともしょうゆラーメンとも違う、独特の風味が食欲を優しくひきたてます。ベトナムフォーのようなものだと思います。パクチーも独特で良い風味を出しています。

 麺は春雨のような、透明の極細麺。

 なお全体的に量は非常に少ないですん。一般的な日本ラーメンの半分程度の分量だと思います。


・・・そこで満を持して「ゲーンキョウワン」をオーダー!!
これはタイのグリーンカレーですん。

 ごはんとして「ジャスミンライス」も注文ですん(´ω`)

 グリーンカレーであるゲーンキョウワンは、スープカレーのようなとろみ。
すすってみるとまずはココナッツの甘み、そしてスパイスの刺激が追ってきますんんんんんんんんんんn

 具材はタケノコ、唐辛子、鶏肉・・・!どれもこれもグリーンカレーの甘みと辛みに完全にマッチしているですん・・・!!うみゃあああああああああああああ!!

 ジャスミンライスのターメリックライス的な風味とゲーンキョウワンの味わいがもはや神・・・

・・・感激しながらごちそうさまでした。タイ料理、すごかぁ。
こう来るか、私の中のタイ王国が、今宵建国されたようだ。いいぞいいぞ、うまい、まさにゲーンキョウワン、センミーナムサイガイって感じがする。最高だぎゃ。
a0251618_1362539.jpg
a0251618_1364077.jpg
a0251618_1365273.jpg
a0251618_137853.jpg
a0251618_1372062.jpg
a0251618_1373164.jpg


『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_04638100.jpg
「らーめん凌駕」
店舗:大岡山
写真:「らーめん 大盛」
種別:しょうゆ(二郎インスパイア)
WEBこちらに一覧

   :太麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★☆☆
チャーシュー:あげる
店舗住所:東京都大田区北千束3-29-11


 2015年11月、イケトモと立ち寄りぬ。
 イケトモ宅にてデジモンでも観る?とかいうノリで経由駅の大岡山を開拓ですん。
通し営業なので15時ごろに立ち寄りぬ。先客4ほど。店内はカウンターのみ10席程度なのでイメージ的には繁盛している様子。

■注文は食券制。
二郎インスパイア特有の呪文コールは「アブラ」「カラメ」的なものはあれどもヤサイなし。ヤサイは別料金で増しが可能な模様。
なおかつコールのタイミングは「注文時」とのこと。着丼直前のタイミングではないので留意必要。

 店員さんは私語の多い意識高い系()の女性?
途中から客に交じって麺をすすり始めていましたけど大丈夫なんでしょうか・・・。

 ともあれ着丼、見た目はきれいですん。揚げ?ニンニクがのり、もやしがもられた二郎系。
スープは非常に甘めです。脂が甘みを強調しすぎている。

 麺は固い太麺。この麺はどこかで食べたことがあるな・・・と思ったら、東川口の「鳳神角ふじ」と同じなのではないでしょうかw
 「麺屋こうじ」なる謎のグループの一員らしい。公式サイトによれば「東池袋大勝軒」の創業者系列の会社らしいですん。二郎インスパイアにまで手を広げているのですかw

 鳳神角ふじ」と同じように、卓上トッピングにはしょうゆ漬けニンニク等。一味唐辛子がとても辛くて甘い麺に刺激を+できてよいですん。

 総じて可もなく不可もなく・・・普通ですんんんんn
a0251618_14449.jpg
a0251618_145583.jpg
a0251618_15676.jpg


『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_1165576.jpg
「元祖名古屋名物台湾ラーメン」
種別:台湾ラーメン
WEB監修「味仙」ホームページ

   :中麺
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:なし

 2015年11月、名古屋土産にいただきぬ。
 名古屋名物台湾ラーメンなるものの存在は良く知っていて、その名古屋台湾ラーメンの元祖を名乗る「味仙」なるお店が監修しているそうな。
 パッケージは一昔前の包装wローカル感丸出しですんwww

 麺はカップ麺を絵にかいたような麺。きっとご想像通りなのでコメント割愛しますんw

 スープはイメージ通りの薄口しょうゆに良く効いた唐辛子の辛み。さっぱりしていながらしっかりした辛さがクセになります。

 素朴においしいですん。近くに行ったらお店で食べてみたい。
[PR]
a0251618_101197.jpg
「らーめん バリ男」
店舗:日本橋
写真:「らーめん」
種別:しょうゆ(二郎インスパイア)
WEBこちら

   :太麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★☆☆
チャーシュー:あげる
店舗住所:東京都中央区日本橋2-9-2


 2015年11月、お仕事帰りに立ち寄りぬ。
 食べログさんでは営業時間が22時までになっていたので焦りましたが、今回の訪問時には23時までになっていましたですん。

 日本橋ハイカラエリアにおいて二郎系があるのは貴重と言えましょう。
22時ごろ、先客3、後客3。時間帯によってはきっと満席とかになると思われます。
店内はとんこつのにおいに満たされていますので、なれるまでは少々つらいかもw

■注文は食券制。店先に食券機があります。外にある。
着席して食券(パネル)を置いておきます。
 二郎系特有の呪文はない模様。または気が付かなかっただけか?
少なくともニンニクのコールはないです。なぜなら卓上トッピングとして刻みニンニクが自由に増し増しできるからwww
a0251618_184765.jpg

 スプーン1杯でイケメン、2杯で超イケメン、3杯でバリ男・・・!
わっち5杯ぐらい入れたのでこりゃあもうできる男でよ!!

 ・・・着丼までは10分程度。麺のゆで時間のタイマーが見えるわけですが、通常の量で4分30秒のようです。やはり太麺はゆで時間を要する模様。

 着丼。ヤサイの上に黒コショウがふってあってこれはなかなか風味がいいですん。
スープの味は二郎系であるものの、なんとなくパンチが足りない感じ?しょうゆのしょっぱさが弱いということかな?その結果、脂が強すぎる感じで甘みが強烈な印象。
 ニンニクしこたま入れてもパンチが強まらないので、きっと濃いめのたれを投入すればよかったのかもしれんと記事投稿時には思ってますんww
 卓上トッピングの「特性唐花」なる唐辛子(らーめんに良く合いますと書かれている)をまぜてみると、本当に良く合います!これはいい!いいじゃないか、うんうん、うまい。いいぞいいぞ。辛い。辛うまい。辛うま、うまい。

・・・ 麺は太麺、固めで歯ごたえのよい麺ですん。

 総じてなんとなくパンチが弱い感じがしますが、このエリアでは貴重なお店だと思います。
a0251618_1155148.jpg
a0251618_116064.jpg




『独立食事人のお食事報告書』
食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへブロぐるめ! 食べ歩きポータルラーブロ
[PR]
a0251618_0532362.jpg
「赤からラーメン」
種別:みそベース
WEB寿がきやタイアップサイト

   :中麺
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:なし

 2015年10月、名古屋土産にいただきぬ。
 麺は一般的な寿がきやの麺。スープ等の味については「カップ赤からきしめん」と同様ですん。
 やっぱり赤から、うみゃぁがね・・・!
[PR]